法律上ではグレーな部分もある

法律上ではグレーな部分もある

法律上ではグレーな部分もある 給料ファクタリングは限りなくグレーに近い金融サービスと言えるでしょう。
しかし法律的に見たときには、違法にはあたらず、個人の新しい資金調達方法といえます。
優良な給料ファクタリング業者を利用すれば、安心して現金を手に入れることができるでしょう。
グレーではあるけれども違法ではない理由としては、その一つに賃金業者には当たらないことがあげられます。
あくまでも給料債権の取引であり、賃金業に登録も行なっていません。
また取り締まるための法律がないことも、違法にあたらない理由のひとつになります。
日本の場合には、海外よりもファクタリングのサービスが非常に遅れていることから、現在では取り締まるための法や正しいルールが規定されていないのが実情です。
このことからたといい方であったとしてもその区別がなかなかできず、現時点では債券の売買契約に語るため、違法がありません。
とはいえ悪徳な業者も紛れているのが事実なので、利用するサービスをしっかりと見極める必要があります。

給料ファクタリングに関する法律と合法性について

給料ファクタリングに関する法律と合法性について 給料ファクタリングは債権の売買契約であり消費貸借契約ではないため、基本的に貸金業法や出資法の適用を受けません。
しかしサービスを提供する会社の中には高額な手数料を請求し、実質的に貸金業を営んでいると判断されるケースもあります。
金融庁は令和2年3月に給料ファクタリングを貸金業にあたるという見解を発表し、東京地裁は同月に悪質な給料ファクタリング会社にして貸金業法と出資法に違反しているという判決を下しました。
給料ファクタリングを直接的に規制する法律がないため、基本的に合法とされています。
年利換算で1000%超などの非常に高額な手数料を請求するような会社は、実質的に闇金融と変わりありません。
警察庁も悪質な会社を闇金融と同じように取り締まりの対象としています。
現在でも多くの会社がこのサービスを提供しており、中には実質的に闇金融と同視できるようなものも存在するので注意が必要です。
直接的にファクタリングを取り締まる法律がないため法的にはグレーな状態ですが、一応合法なものとして扱われています。

新着情報

◎2020/10/9

法律上ではグレーな部分もある
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

安全性は法律で担保されている?
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「給料 合法」
に関連するツイート
Twitter