給料ファクタリングについて解説します

給料ファクタリングだと思ったら法律的には闇金だった事例

給料ファクタリングだと思ったら法律的には闇金だった事例 給料ファクタリングが流行っていますが、これは気軽に借りることが出来る点に大きな魅力があるからでしょう。
ただ、給料ファクタリングを利用する場合に気をつけなければいけないのは、その業者の信頼性です。
ごくまれに、給料ファクタリングの業者を装った闇金業者があるので注意しなければいけません。
闇金業者の特徴は、返済することができない位高い金利をかけてくる点です。
日本では、お金の貸し借りに関する金利は法律に定められており、最高20%になっています。
ところが闇で取引をしている業者に関しては、金利が300%から500%になることも少なくないでしょう。
明らかに法律に反する金利が設定されているため、そのまま泣き寝入りするよりも弁護士に相談した方が良いです。
弁護士事務所の中には、違法な貸付をしている業者から庶民を守ることを専門的な仕事としているところがあります。
この場合には、弁護士が動き出してから1週間もしないうちに不当な請求が止まります。

給料ファクタリングの法律上の判決について

給料ファクタリングの法律上の判決について 給料ファクタリングは、お金の融資を希望する労働者に対して、その労働者がもらう予定の給料という債権を業者に受け渡す形でお金を借りるという仕組みです。
貸してもらえるお金の額は、受け取る予定の給料額よりも少ないため、その差額がお金を貸し出す業者の利益となります。
しかし、このようなお金のやり取りは業者の利益がかなり高くなる形式での取引になるため、違法ではないかという裁判が行われています。
そしてその裁判で出た給料ファクタリングの法律上の判決は、違法という結論です。
違法になったという理由は、給料ファクタリングが貸金業法に該当する貸金業であり、業者が受け取る給料が貸金業法に規定する年利を大幅に超えているという点です。
このような判決が出ているため、もしも給料ファクタリングによって損をしてしまったり想定外の出費をしてしまった場合でも、法律的な手段を使うことによって損をした分のお金を取り戻せる可能性があります。

新着情報

◎2020/10/9

法律上ではグレーな部分もある
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

安全性は法律で担保されている?
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「給料 手段」
に関連するツイート
Twitter