給料ファクタリングについて解説します

給料ファクタリングは法律上では違法?

給料ファクタリングは法律上では違法? 給料ファクタリングとは、給料前借りサービスのような資金調達方法の一つであると言われています。
急な出費が必要となった際などに、サラリーマンなら誰でも利用することが可能です。
給料ファクタリングは、雇用形態に関わらず利用することができるため、パートやアルバイトの人でも問題ありません。
しかし、給料ファクタリングは法律上では違法ではないのかとの見解もあります。
給料債権ファクタリングは、確定済み給与を債権として売却するシステムです。
サービス自体が、まだまだ新しいものであり未熟な点も多いと考えられています。
システム自体に法律上の違法性はないものの、グレーな部分があるのも事実です。
とはいえ、資金調達方法としては非常に優れていると言えます。
利用を検討する際には、業者選びを慎重に行う必要があるでしょう。
業者そのものが信頼できない会社である場合もあるため、手数料の利幅などに注意してじっくりと選ぶことをおすすめします。

利用者に危険はないが給料ファクタリングは法律上グレー

利用者に危険はないが給料ファクタリングは法律上グレー 給料ファクタリングは、会社などに勤めている個人が自らの給料債権を専門事業者に売り渡すことで、現金を手にすることができるサービスです。
給料を担保とした融資と似ていますが、結ばれるのは貸借契約ではなく売買契約であるため、手数料の支払いは必要になりますが利息は発生しません。
ただ、実を言うと法律上の解釈にはあいまいなところがあります。
というのも、2020年3月に金融庁が示した文書によれば、給料ファクタリングは事実上の貸金業に該当するという解釈がなされているからです。
仮にこの解釈が法制化されるとなると、金融業者としての登録を行っていないファクタリング事業者は営業を行えなくなるという可能性があります。
その影響は、当然ながら利用者にも及びます。
もちろん、違法営業と認定されて処罰される危険性があるのは事業者であって利用者にその心配はありませんが、定期的に利用していた事業者が突然営業を停止してしまうといった事態も起こり得るので、利用者側も情報収集に努める必要があります。

新着情報

◎2020/8/7

安全性は法律で担保されている?
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「給料 法律」
に関連するツイート
Twitter

手当て無しの土曜日出勤がまだあと4日分ある…ほんと疲れる。凄く疲れるのに給料にプラスは無し。 強制的に振替扱いでコロナ下休みにされ、その強制休みの分強制で月1土曜日出勤させられる。 それが6日分。 ほんとにこれ法律的に触れてて訴えられればいいのに…。組合がGO出してて笑えない

nakajiman.com/entrance-exam/ 何が難しいのかわからないので、受けてみる方向に動いてる。 (会社の構造上、メンバーもお給料も大きく変わるのは日本の法律上難しいとわかったから)

Twitter🐰マキナちゃん🐰@TheMeekOfMeeks

返信 リツイート 7:12

待機になってくれると給料6割以上は法律で定められてるから当然貰えるだろうけど、さらにバイトしたらウマーなんじゃないか

人の尻拭いで、10月の2週間1勤固定で出ろと決定してて。いや、給料減るんだよ?そういう事って、まず相談から入って了承を得るというのは、労基法で決まってるのでは?100歩譲って法律では決まって無くても、人として会社としてのマナーでは?

Twitterよっしんさん@yossinsan

返信 リツイート 2:56

返信先:@BlauerSeelowe どっかの役人がクソみたいな法律や注意書きを出す度に 点検項目がやたらと増えるし その癖ノルマ制で給料が決まる社会主義国家なので家族は飢えるし 慣れるまでイライラしますよね おいジョージ。なんだこのパスポートは。またお前か アルス戸塚に栄光あれ!!

Twitter何処でも大佐@tamtan33

返信 リツイート1 2:15

労働基準法【総則】 第十一条  この法律で賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのものをいう。

RT @kzjim1: 現在の日本で差別(給料安い、昇給なしなど)無く障害者雇用してる会社等はどれだけあるのだろう? 法律のツボで知る「ダイバーシティ&インクルージョン」【障害者雇用促進法編】 | Oriijin(オリイジン) | ダイヤモンド・オンライン https://t…

Twitter和恵っち@一般就労を目指し頑張る就労移行女子@AAj9m4e

返信 リツイート 昨日 23:21

【財部誠一】65歳定年制が若者の雇用を食い潰す/60歳への定年据え置きが生み出す「年金も給料ももらえない空白期間の回避」が大義名分だ。だが国のでたらめな年金運用のツケ回しを法律で強制される民間企業はたまったものではない。bit.ly/2IaEmEI

Twitter同一労働同一賃金・労働市場流動化推進連盟@payequity1

返信 リツイート 昨日 22:10

4連休に両学長のブログ読み漁ったんですが、給料収入と事業収入を併せ持つことが安定ってことに、これだって思った。 公務員は、個人事業主になれないんかな。 法律見ても「任命権者の許可なしに」なので、もともと可能性はあったんやと思うんですが。 うちの任命権者さんはどういう考えなのかな。

Twitterきいま 📚 公務員のQOL向上委員@kiima_QOL

返信 リツイート 昨日 21:22

返信先:@ESmdcre 「国民のための内閣」なら、まず減税し、領収書不要の文書通信費を廃止すべきだ! 仰る通りだと思う、逮捕されて、税金から給料貰って、オマケにボーナス迄貰う事事態が狂って居ます。 自分達の都合の良い様に法律を作っているとしか思えない。