給料ファクタリングについて解説します

給料ファクタリングは法律上では違法?

給料ファクタリングは法律上では違法? 給料ファクタリングとは、給料前借りサービスのような資金調達方法の一つであると言われています。
急な出費が必要となった際などに、サラリーマンなら誰でも利用することが可能です。
給料ファクタリングは、雇用形態に関わらず利用することができるため、パートやアルバイトの人でも問題ありません。
しかし、給料ファクタリングは法律上では違法ではないのかとの見解もあります。
給料債権ファクタリングは、確定済み給与を債権として売却するシステムです。
サービス自体が、まだまだ新しいものであり未熟な点も多いと考えられています。
システム自体に法律上の違法性はないものの、グレーな部分があるのも事実です。
とはいえ、資金調達方法としては非常に優れていると言えます。
利用を検討する際には、業者選びを慎重に行う必要があるでしょう。
業者そのものが信頼できない会社である場合もあるため、手数料の利幅などに注意してじっくりと選ぶことをおすすめします。

利用者に危険はないが給料ファクタリングは法律上グレー

利用者に危険はないが給料ファクタリングは法律上グレー 給料ファクタリングは、会社などに勤めている個人が自らの給料債権を専門事業者に売り渡すことで、現金を手にすることができるサービスです。
給料を担保とした融資と似ていますが、結ばれるのは貸借契約ではなく売買契約であるため、手数料の支払いは必要になりますが利息は発生しません。
ただ、実を言うと法律上の解釈にはあいまいなところがあります。
というのも、2020年3月に金融庁が示した文書によれば、給料ファクタリングは事実上の貸金業に該当するという解釈がなされているからです。
仮にこの解釈が法制化されるとなると、金融業者としての登録を行っていないファクタリング事業者は営業を行えなくなるという可能性があります。
その影響は、当然ながら利用者にも及びます。
もちろん、違法営業と認定されて処罰される危険性があるのは事業者であって利用者にその心配はありませんが、定期的に利用していた事業者が突然営業を停止してしまうといった事態も起こり得るので、利用者側も情報収集に努める必要があります。

新着情報

◎2020/10/9

法律上ではグレーな部分もある
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

安全性は法律で担保されている?
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「給料 法律」
に関連するツイート
Twitter