給料ファクタリングについて解説します

このサイトでは給料ファクタリングの法律上の問題点と様々な注意事項について詳細に解説しています。
自分の給料日前にお金が足りなくなったときに借金をせずに気軽に利用することができる方法と考えられていますが、実際には貸金とあまり変わらないものもあることや、闇金であることも多いためその見分け方や、被害に遭わないための様々な注意点に関しても詳細に解説している点が特徴です。
加えて実際の問題点なども詳しく解説しており、利用前にいちどはチェックしておきたいサイトです。

給料ファクタリングについての法律

給料ファクタリングについての法律 給料ファクタリングは一般の企業などが利用するファクタリングと同じような仕組みだと考えられている面もありますが、実際には大きく異なる点がいくつかあります。
それは基本的には自分自身で返済を行うと言う点です。
ファクタリングの場合には売掛債権と言う金券に相当するものを売却する仕組みとなっているため、後日直接その債権に相当する金額が相手側に支払われることになりますが、給料ファクタリングの場合には自分自身で返済をしなければなりません。
そのため利用する側にとっても借金との区別が明確でなくなり、様々なトラブルを招いてしまうことも多いのです。
闇金の温床となりがちな面もあることから、その仕組みは法律で厳しく規定されています。
特に貸金業とは異なると考えられる面もありますが、実際には給料日に返済するという点は同じであるため、注意が必要です。

法律に違反する給料ファクタリングに注意が必要

法律に違反する給料ファクタリングに注意が必要 給料ファクタリングは給料日前でお金が足りなくなったときに一時的に融資をしてくれるもので、クレジットやローン等とは異なり借金ではないと言う安心感から気軽に利用すると言う人が増えています。
給料日になると確実にもらえる給料を前借りすると言うイメージが強いのですが、その中には法律に違反するものもあるため注意をしなければなりません。
特に闇金が給料ファクタリングの名前で誘い込んでいると言う実例もあります。
給料ファクタリングとはいっても実際には一時的にせよお金を貸すことになり、しかも利息を取るので貸金業としての届け出が必要です。
またその利息も法律で決められているため、これを超えてはいけないと言うルールもあります。
しかし闇金の場合には法外な利息を取るばかりでなく、実際に給料日になって返済をしようとしても様々な理由をつけそのまま継続して借りさせられると言う羽目になる場合も多いので注意をしなければなりません。
給料ファクタリングは給料日になったらすぐに返済できると言う安心感から利用をする人も多くなっています。
しかし基本的には短期の借金と同じだと言う認識を持ち、そのルールを知っておくことが重要です。
しっかりとした金融業者を選ぶことが給料ファクタリングを利用する上で重要なポイントとなっています。

ファクタリングの参考サイト

給料ファクタリング

新着情報

◎2020/10/9

法律上ではグレーな部分もある
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

安全性は法律で担保されている?
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「給料 ファクタリング」
に関連するツイート
Twitter